収納情報

衣替えの時期、クローゼットのかさばる冬物衣料の収納術

昨今のダウン流行りや大判のセーターなど収納場所に困っていませんか?
クローゼットがいっぱいなのに、セールでついついまた買ってしまいがちですよね。でも、いざ衣替えの時に「あっ!入らない!」と慌てているのではないでしょうか。
そこで、ちょっとした冬物衣料の収納術を教えちゃいます!

圧縮袋の有効活用

手始めは、王道の圧縮袋を用意してください。ダウンは、羽毛が折れてしまうので適しませんが、ウールのセーターやフリースなどは圧縮すれば3倍のスペースが確保できます。最近では圧縮袋といっても様々なタイプが売られているので、自宅の収納スペースやアイテム数によって賢く選びましょう!
簡単に手で空気を抜くタイプについては、時間が経過すると膨れてしまう場合があります。やはり掃除機を使うタイプの方がおすすめですね。値段は多少高いですが、長期間しまうものですのでぜひ吟味してください。

ダウンはハンガーではなく置き型へ!

次はダウンの収納法です。通常ダウンもハンガーにかけてしまっている人が多いと思いますが、吊るしておくと空気を含んで膨らみがちになります。こうなると更にスペースを取ってしまうので、クローゼットにとってはとっても迷惑!そこで限られた収納スペースを有効に使うには、ダウンコートのようにシワが気にならない素材のものは、ハンガーを使わないで棚や引き出しにしまってみましょう。たたんでリボンやゴムで止めるなどすればコンパクトになります。棚にはホコリがかぶらないよう可愛い布などで目隠ししておけばOKです!

かさばる冬物用品の収納場所

ダウンやコートの衣類同様、冬物の布団や毛布もくせ物です!押入れやクローゼットの相当なスペースを占拠していますよね。しかも、使用するのは1年のうち1/3位かも・・・
まずは、毛布をしまう前には洗濯を。羽毛布団などの大物は、陰干しを必ず行ってください。本来は、購入したときについていた収納袋が最適ですが、なければ丸めてマジックテープやいらないストッキングで縛ると、かなりカサが小さくなりますよ。毛布は圧縮袋を使用すれば収納スペースに余裕がでてくるはず!
限られたスペースを賢く利用するには、季節モノ用品をクリーニング店や空調完備のトランクルームに預けておくのも得策!引っ越さなくても快適な住まい環境が手に入ると考えれば、多少の費用が発生してもその方がお得と考える人が増えているようです。

プロの収納アドバイザーによるおすすめ情報はこちらから!

ページトップへ