収納情報

クローゼット収納のお悩み解決策

クローゼットが片付かないとき、あなたは何からはじめますか?
本来の収納スペースはモノをしまう便利なスペースです。だから、使うものが出し入れしやすい事が大切な条件です。クローゼットを片付けるとお洋服が把握しやすくなります。そして、結果的におしゃれ上手になって美しさに磨きをかける大きなきっかけになります。

片付かない場合は色々な原因が考えられます。以下のような原因でクローゼットが片付かないケースの解決策を紹介します。

【原因1】コーディネートに迷って出し過ぎて散らかっている。
【原因2】洗濯物をしまわないで散らかっている。
【原因3】クローゼットに入らないから散らかっている。

【原因1】「コーディネートに迷って出し過ぎて散らかっている」場合

【解決策】コーディネートを絞り込む

朝からコーディネートに迷ってしまい、出した服をしまわないで慌てて外出してしまいクローゼット周りが雑然となる事はありませんか?

お洋服は着る人を美しく見せるためのモノです。お洋服でどんな人柄を演出したいのか考えてみましょう。そして毎シーズン演出したい人柄に合った洋服を選んでおきましょう。
自分のイメージに合わないもの、着たいと思わないものを無理にコーディネートするとコーディネートが上手くできない場合が多いものです。コーディネートを絞り込んで着たくない服を無理に着るのはやめましょう。
先ずはトップスと引き出しから出して着たい服と着たくない服を左右に分けてみましょう。

今シーズンに着たい衣服と着たくない服を左右に分けて仕分けしてみましょう。着たい服を取り出しやすく収納するとコーディネートも楽になります。

【原因2】「洗濯物をしまわないで散らかっている」場合

【解決策】簡単な収納システムを作る

お洋服を畳むのが面倒で衣類が散乱していませんか?面倒な作業をはらすために脱いだ服を簡単にしまえる場所やシステムを作りましょう。
例えば、毎回洗濯する必要のない羽織ものやボトムス(ズボンやスカート)は着替える場所に一時起き場を用意し、投げ込んでも見苦しくない状況を作りましょう。

さらに、洗濯を取り込む動線を工夫しましょう。服をしまう場所は洗濯を干す場所や着替える場所の動線を考慮されていますか?
間取りによっては頻繁に着る下着などは最低限の数を脱衣所に収納するほうが良い場合もあります。

また、洗濯物や脱いだものは以下のように簡単にしまえる工夫をしましょう。

  • ハンガーを活用して掛ける収納システムを増やす。
  • 引き出しではなくオープン棚に2、3枚重ねる。
  • 引き出しには複雑に畳まなくてもよい仕切りを付ける。

簡単なシステムを作る前にアイテムをしっかり仕分けする事も大切です。
例えば靴下なら長さ別、色別に分けて入れる場所を決めてから仕切りをつくりましょう。

着替える場所に一時起き用のカゴを置いてみましょう。フタがあるカゴならよりすっきりして見えます。

【原因3】「クローゼットに入らないから散らかっている」場合

【解決策】着ない服を処分して簡単にしまえる状態を作る

クローゼットが片付かない場合、「しまいにくい」のが最大の原因です。
クローゼットのハンガーや引き出しの衣類は軽い力で出し入れできますか?
ギューと力強く服をかき分けてハンガーをしまったり、引き出しに服を詰め込んだりしていませんか?
力を入れてしまわなければいけないと、スムーズに片付けられないので片付けが億劫になってしまい、しまわないで部屋の放置する服が増えてしまいます。
先ずは着ていない服を日常使うクローゼットから出しましょう。収納が苦手な方の多くが持っている服の約半数はほとんど着ないようです。
着ない服はクローゼットから出して寄付したり処分したりしましょう。

処分対象の服

  • 1年以上来ていない
  • あまり着たくない
  • サイズが体型に合わないが、お金や時間をかけてサイズを直す価値を感じない。
  • サイズが体型に合わないが、もし体型が変わったとしても着る機会が少ないかもしれない。

着ない服で処分するべきか判断できない場合、以下の条件に当てはまる服は普段着る服と保管場所を分けてみましょう。

  • 今は着たくないが環境や気持ちが変わったら着るかもしれない服
  • 特別なイベントでしか着ない服(リゾート用のワンピース、アウトドアウエア、スポーツウエア、パーティードレス、セレモニー用のスーツなど)
  • 思い出の服(今は着ないが思い入れが有るために大切に取っておきたい服)

また、保管場所を分ける場合は保管理由が把握できるように、分かりやすく仕分けしょう。ハンガーや引き出しにラベルを付け項目を書いておくと把握しやすくなります。

処分すべきか判断できない服は日常使っているクローゼット以外の場所に保管すると日常のクローゼットに余裕が生まれて収納しやすくなります。
また、クローゼットは大切な衣類を保管する場所です。詰め込み過ぎると通気性が悪くなり衣類が傷む原因になります。
日常使いのクローゼットはお気に入りのよく着る服のみを入れて余裕のある収納量を心がけましょう。気持ちよく朝のコーディネーターができますよ。

処分すべきか判断で着ない服(特に思い出の服やセレモニー用の服)の保管場所が無い場合や保管場所の湿度が高くてカビか心配な場合は空調の整ったトランクルームの活用もオススメです。
トランクルームなら押入れの4分の1くらいの小さいサイズや4畳の納戸のようなサイズなど保管したい服の量に合わて選べて便利です。

クローゼット収納の成功の秘訣は着るもの、着ないもの仕分けをきちんと行うことです。
今のシーズンに着るものから先ずは仕分けをしてみましょう。あなたの美しさに磨きがかかります。

もう一つのクローゼットとして空調完備のトランクルームなら、家よりも保管状況が良好です。乾燥剤や除湿剤の補完も必要ないですね。

ページトップへ