収納情報

捨てることが苦手なあなたの背中をそっと押します!


私達がお伺いするお客様のほとんどの方が「モノを捨てられない」と悩んでいます。


捨てられない理由は、
「もったいない」
「いつか使うかもしれない」
「高かったから」
「もらった人に悪くて捨てられない」
という声が多数を占めています。

ここで「もったいない」とは一体どういうことなのかを考えてみて下さい。


使っていないモノがあることによって家の中がモノであふれ返り、本当に使いたいモノの居場所が分からなくなっていませんか?
「いつか使うかも」というときのためにとってあるモノで占領されていませんか?
そのために使いたいモノが使えない状態になっていませんか?
本当に使いたいモノを使えていないことの方が「もったいない」のではないでしょうか。

「高かったから捨てられないモノ」は「昔の自分」には必要だったかもしれませんが「今の自分」には必要ですか?
使っていないモノは高かったとしても「ただ置いてあるだけ」のモノでしかありません。
モノは使ってこそ意味があります。存在を忘れられたモノほどもったいないことはありません。

また「もらったモノ」もあったかどうか忘れている状態なら「ただ持っているだけ」のモノでしかありません。
「ただ持っているだけ」で満足していませんか?
「ただ持っているだけ」で安心していませんか?
もらったモノを「ただ持っているだけ」では贈ってくれた人の気持ちを大事にしていることにはなりません。「捨てない」イコール「大事にしている」わけではありません。

また、そのモノを捨てたからといってその人の気持ちまで捨てるわけではありません。
思い出のモノもそうです。そのモノを捨てたからといって思い出まで捨てるわけではありません。モノは気持ちを伝える一つの手段でしかありません。大事なことは気持ちをしっかりと受け取ることです。

しかし捨てる作業はやはり楽しいものではありません。大変な作業です。
でもこの作業の先には素敵なことがたくさん待っています。
家の中がスッキリしていくことで探し物が減り、家事の時間が短縮され、掃除が楽になり、ストレスが軽減されます。
そのことで生活に自然と余裕が生まれてきて、いろんなことがはっきりと見えてきます。
「昔は○○が好きだったけど、今は△△に興味があるから△△を始めてみたい!」など今の自分の気持ちがはっきりとしてきて、長年やりたかったことに思い切ってチャレンジされた方がたくさんいらっしゃいます。

「片付けで人生が変わる!」これは当然の結果なのです!
大変な作業かもしれませんが、必ずいろんな効果が現れてきます!
素敵なことがたくさん待っています!
ぜひ楽しみながら作業して頂きたいと思います。

ページトップへ