収納情報

自立を促す子供部屋の片付け術


【子供部屋 整理のポイント】

私たちお片付けコンシェルジュが伺うお宅では、お子様の管理能力に比べ、モノが多過ぎることがほとんど。
子供が自分で管理できるモノの量は大人に比べてずっとずっと少ないので、年齢や個々のタイプに合わせてモノの量を調整してあげることがポイントです。

~こんなモノありませんか?~

  • 何年も前の教科書やドリル
  • 必要かどうかわからない雑多なプリント
  • 遊ばなくなって久しいおもちゃ
  • ほこりをかぶったまま放置された作品
  • もらった時がテンションマックスの「おまけ」
  • 小さいころ読んでいた懐かしの絵本
  • 友達に借りたまま忘れていたゲームソフト

整理する基準はコレ
1.遊ばないおもちゃ・読まない絵本は、感謝を込めてサヨナラの儀式を
→「遊ばなくなった」、「読まなくなった」は成長の証。成長させてくれた「モノ」に感謝し、気持ちよくサヨナラしましょう。おまけは「好きじゃない」なら迷わず処分。
処分する場合、ごみ袋に入れる際に「遊んでくれてありがとう」と声をかける、手を合わせるなどご家庭なりの儀式でモノの大切さを学ばせて。

どうしても手放せない、大事にしたい思い出のモノは、トランクルームに預けるのもGOOD。下のお子様のために一時的に取っておきたいモノも、トランクルームを利用すればスッキリ過ごせますよ。

2.教科書・プリント類は保管期限を決めてチェック
  • 教科書:2年 → 見直すことを考慮。
  • ドリル:1年 → ただし、新学期を迎える前に苦手な問題は克服できるように!
  • テスト・学校通達プリント:学期ごと
    →テストはただ取っておいてもダメ。新学期前までに、間違えた問題・苦手な問題を克服し処分。「下の子のために取っておく」は不必要。都度配布されますので処分しても問題なし。

3.作品は専用のギャラリーを設けてしっかり鑑賞、随時処分
→お子様は自分の作品を親御さんに「見て」「褒めて」ほしいもの。ほこりがかぶるほどに存在を忘れられては可愛そう・・・。きちんとギャラリースペースを設けて、随時入れ替えてあげましょう。写真で残す場合は、作品だけでなく、お子様に持たせて撮ると成長記にもなって、後から見るのがさらに楽しく。

4.「借りたモノ」は、早急に返して!友人関係を円満に!
→散らかったお部屋では、借りたモノも自分のモノをごちゃごちゃになりがち。借りっぱなしでは、お子様の信頼度も下がってしまいます。社会性を養うためにも、借りたモノもきちんと管理させて。

ページトップへ