ECOプロジェクト

ECOプロジェクト

キュラーズは、開発段階から環境を考えて設計しており、環境に優しい店舗作りを目指しています。
また、ペットボトルのキャップを集め、NPO法人 エコキャップ推進協会に送っています。
このエコキャップの売却益はワクチンの購入資金に充てられています。

計画面におけるエコの取り組み

計画面におけるエコの取り組み

こまめに空調と照明をコントロールし、CO2削減と消費エネルギーの削減を行っています。

  • 照明の制御(店舗内の照明は、人感センサーでON/OFF)
  • 空調の制御(温度と湿度の組み合わせで環境をコントロール)

空調について詳しくは

建築面におけるエコへの取り組み

建築面におけるエコへの取り組み
  • 外気の影響を抑えるため、窓に断熱材を設置(店舗内の空気が一定に保たれ、空調の稼働を抑制)
  • 店舗エントランスに風除室を設置※(人の出入りにより温度や湿度が変動するため、エントランスを入った先に扉を設け、外気の影響を抑制)
    ※一部店舗を除く

エコキャップ運動

エコキャップ運動

ペットボトルのキャップがそのままゴミ焼却されると、800個で7.3gのCO2が発生します。
しかし、キャップを外すことで再資源率37%向上できます。
集めたキャップは、まずリサイクル業者に買い取ってもらい(エコキャップ推進協会を通じて)、その後、その利益をポリオワクチン※購入資金としてJCV(世界の子どもにワクチンを日本委員会)へ寄付することになります。

エコキャップ運動

800個でポリオワクチン1人分(=800個で子供一人の命を救えます)
2014年6月時点で、20,625個(ポリオワクチン25.2人分)に貢献しました。
現在も継続してエコキャップ運動に取り組んでいます。

月々3,000円台~スタート!
お電話もOK!コールセンター 8:30~19:30(土日祝OK)

0120-15-9773