収納情報

レジ袋&ゴミ袋の収納方法


大量のレジ袋、貯めていませんか?

スーパーのレジ袋をゴミ捨てに使うからと、大量にストックされている方、けっこう多いですよね。買ったものを出した袋をとりあえず引き出しに突っ込んでいくうちに、その引き出しからあふれ出るほどたまっていませんか。しかも一つずつ取り出すこともできず、イライラしているのでは?
原因は「貯めすぎ」です。必要な量より多くストックしているので、このような状態になってしまうのです。ゴミを捨てる袋は、無いと困るけれど、多すぎても邪魔になります。自分の家に必要な数だけをストックするようにすれば、取り出しやすくキッチン内のスペースも占領しません。

我が家の適正なストック数を知ろう

では、どれくらいの量をストックしておけばよいのでしょう。レジ袋をゴミ袋として使っている方は、ご家庭のゴミ箱の数とゴミを出す曜日から適正量を出すことができます。例えば部屋のゴミ箱が4つ、普通ゴミを出す日が週二回ある場合は4×2=8枚、+2~3枚あれば十分です。一週間の間にはお買い物に行き、また新しいレジ袋をもらいますから、足りなくなる心配はほとんどないですよ。
ゴミ袋を使っている方も「ゴミを捨てたいときにゴミ袋が無い、という状態は避けたい!」という気持ちから、大量にゴミ袋を購入される方もよくいらっしゃいます。でもストックは1パックあれば、十分です。このパックをいくつも買うと、当分使わないものでキッチン内の収納スペースを占領することになってしまうのです。
またレジ袋のストックを、キッチンの引き出しの2段目3段目など、一番使いやすいゴールデンゾーンに詰め込んでいる方も多いです。これもとてももったいない使い方です。取り出しやすく、しまいやすいゴールデンゾーンは、本来ならば調理でよく使うキッチンツールを収めておくべき場所だからです。
まずは我が家の適正なストック数を計算し、残りは思い切って捨てましょう。

レジ袋の正しいたたみ方、ご紹介します!

適正な枚数になったら、次はそれを取り出しやすく収納します。ひとつひとつたたんでおけば、必要な時にさっと取り出せます。これはもう習慣にしてしまうしかありません。でも一度習慣にしてしまったら、ものすごーく楽ですよ!
ちなみにこの写真は、我が社の男性のレジ袋ストックです。会社で朝飲み物を買ってきて、取り出してすぐに四角にたたみ、レジ袋の中にストックしています。ある程度の量がたまったら、お家に持って帰っているとのこと。夫の鑑ですよね。

トランクルーム・キュラーズ


トランクルーム・キュラーズ

ここまできっちりするのは面倒…という方に、一番簡単なたたみ方をご紹介します。

レジ袋のたたみ方

①まずはシワを伸ばします。
これがたたみやすくするコツなので、端から端までしっかりと。

トランクルーム・キュラーズ


②次に3分の1を縦折りに。折るたびにシワを伸ばしてください。

トランクルーム・キュラーズ


③手前の3分の1も折ります。

トランクルーム・キュラーズ


④縦半分を左手で押さえて折ります。

トランクルーム・キュラーズ


⑤シワを伸ばしながらさらに半分に折ります。

トランクルーム・キュラーズ


⑥それをさらに半分に。

トランクルーム・キュラーズ


トランクルーム・キュラーズ

⑦これで完成です。これをプラケースに立てて収納しておけば、引き出しを開けるだけで、一枚ずつさっと取り出せます。

トランクルーム・キュラーズ

収納グッズの力を借りてすっきり収納

たためば便利なのはわかるけど…やはり面倒くさい!という方は、こんな収納グッズを使ってみてください。まずは100均で買える引き出すタイプのケース。

商品名はお店によって違うのですが「キッチン消耗品収納ケース」というような名前で売られていることが多いです。レジ袋を二つ折りにして入れ、輪の部分を引っ張り出します。引き出しの隅に立てられるので、見た目もスッキリ。

トランクルーム・キュラーズ

平置きにするスペースがあるなら、プラケースにそのまま入れる、という方法もあります。

トランクルーム・キュラーズ

レジ袋の輪になっている部分を開封してプラケースに入れ、一枚ずつ引き出して使います。
これではちょっと味気ないという方は、最近色々出ている便利グッズの力を借りましょう。
うちのスタッフが自分の家で愛用しているのが、シンプルヒューマンのポリ袋ストッカーです。上の穴から袋を入れ、下の切れ目部分から一枚ずつ取り出す仕組みになっています。ブラックとシルバーで重厚感があり、キッチンに出しておいても、一見ストッカーには見えないおしゃれさがポイントです。

トランクルーム・キュラーズ

もうひとつのおすすめはTOTONOの引き出し用レジ袋ボックスです。こちらも穴から袋を入れて一枚ずつ引き出すタイプですが、引き出しに固定できるところが便利です。写真のように一番手前に設置しておけば、引き出しをちょっと開けるだけで袋が取り出せます。

トランクルーム・キュラーズ

ストッカーを作るのも面倒という方には、5月にご紹介したKEYUCAのダストボックスがおすすめです。これは、面倒くさがりの私が考えた「ゴミ箱内収納型」のストッカーです。ゴミを取り出した時に新しい袋をその場でセットできるところ、目のつく場所にゴミ袋を置かなくていいところがポイントです。

ページトップへ