収納情報

年末大掃除前のスッキリ片付け術

各お部屋のデトックスポイント

~リビング~
  • 雑誌
    よっぽど「取っておきたい」と思うモノ以外は処分。「ダイエット」「料理」「健康」「新着家電」など、人気の特集を掲載した雑誌は今後もどんどん発行されますので、ほとんど困らないはず。
  • 溢れかえっている、CD・DVD・ゲームソフト類
    全然聴いていない、遊んでいない、見ていないなら処分を。ソフト類は、リサイクルショップでも買い取ってもらえることが多いので、一度持ち込んでみては?ショップが近くにない場合でも、宅配で対応してくれるところも増えたので、調べてみましょう。
  • 古めの薬、化粧品
    薬にも使用期限があるので、しっかりチェック。虫刺されや水虫の薬、消毒薬などの外用薬は、開封すると雑菌が入りこみ、半年くらいでも効果が激減するとのこと。早めに処分を。処方薬は「飲み切るのが原則」なので、保管はオススメしません。同じ症状だと思っても素人考えで服用すると危険な場合もあるので注意が必要です。
    化粧品も古いモノは酸化し肌に悪いので気をつけて。特に試供品は長期保存を想定していないので、半年くらいでも品質の劣化が激しいので注意。
  • DM、明細書類、チラシ
    セールの案内などは、期限が過ぎていたり、行くつもりがないのなら迷わず処分。クレジットカードの明細も、内容をチェックして怪しい明細もなく、無事に引落としされたらほぼ不要。後で見よう!と取っていたチラシも1ヶ月見なかったらあまり必要ではないはず。しっかり処分を。
  • 古い年賀状
    「取っておくのは3年分」などと決めておけば、毎年悩まずに整理がすすみます。年賀状は旧年の感謝と、新年のご挨拶のためなので、ずっと取っておく必要はないのです。

ページトップへ