収納情報

ざっくりさんとマメ子さんのタイプ別 取扱説明書の収納法


取扱説明書 整理のポイント

とにかくごちゃごちゃでどうして良いかわからず、新しいモノが入ってくるととにかく空いている収納スペースに突っ込んでしまう・・・という方も多いようです。
まずは、すべて集めて必要なモノかどうか精査して、少しでもスマートになるよう整理してみましょう。

~こんなモノありませんか?~

  • モノがないのに取扱説明書だけが残っている
  • ごちゃごちゃで必要な時に探せない
  • チラシやカタログなど、用の無いモノまで混じっている
  • 保障期間を過ぎた保証書がまだある

取扱説明書 収納の3大ポイント
1.自分のタイプに合わせて取っておく基準を決めるべし
場合によっては、メーカーのホームページでもダウンロード出来る場合も多いので、自分の性格に合わせて取っておくかどうか考えましょう。
極論ですが、そもそも取扱説明書を見る習慣がないのなら、全て処分するという手も。

2.「いざ」という時に探しまわらないように収納場所を決めるべし
リビングかな?押入れかな?あれ???どこだっけ?などと迷わないよう、出来るだけ1箇所にまとめて収納しましょう。
家族がいる場合は、全員が収納場所を理解しておくことが重要です。

3.お目当てのモノがサッと見つけられるように収納法を工夫すべし
探しやすくするためには、種類毎や使っている部屋毎などに分けて収納するなど工夫が必要です。その上でラベルを貼って、誰が見てもすぐわかるようにしておきましょう。
必要な時に見つからなければ、持っている意味がありません。

ページトップへ