収納情報

ざっくりさんとマメ子さんのタイプ別 写真整理術


写真整理のポイント

写真は思い出の詰まったモノなので、絶対に捨てられない!と決めつけてはいませんか。
実はきちんと整理すると、写真の中にも不要なモノがたくさんあることに気付くはず。
いつかやろう、いつかやろうと写真の整理はついつい後回しになりがちですが、一度きちんと要・不要を確認し、思い出を総ざらいしてみましょう。

~こんなモノありませんか?~

  • 同じ構図で保険のために撮った、似たような複数の写真
  • 完全に目をつむっている写真
  • いつ、どこで撮ったか思い出せない写真
  • とてもじゃないけど他人に見られたくない写真

写真収納の3大ポイント
1.見て楽しくない写真は処分すべし
写真は単なる記録ではなく、思い出を楽しむモノ。「この頃太っていて、自分でも見たくないな・・・」「この時嫌なことがあったな・・・」など、見て楽しい気分にならないのなら、思い切って処分を。

2.誰にも見られたくない写真も処分すべし
誰か他の人に見られたら、恥ずかしい!こんな写真は直ちに処分を。自分の身に何かあってからでは遅いかも。

3.デジカメのプリントは枚数を限定すべし
デジタルカメラは、フィルムのカメラと違って、映りを確認してからプリントできるので余計な写真をプリントせずに済むのが良いところ。ただし、映りが良いからといってどんどんプリントしてしまうと、整理が大変になるので、年間20枚、ひと行事5枚、などと枚数を限定してプリントするのがオススメ。限定されると必死で選ぶので、本当に良い写真だけが残ります。

ページトップへ