収納情報

「捨てられない」という方のためのクローゼット整理方法 その1

捨てられないからクローゼットが片付かない場合、着ないものがクローゼットに沢山入っているのではないでしょうか?
まだ、着れそうな服を捨てるのはとても「もったいない」事ですが、「着る」ために所有している服を「着ない」ことも、もったいないと考えてみて下さい。

今回は着ていない服を捨てるのではなく、活かすための整理と収納について改めて考えていきましょう。
【1】着ない服と着る服を分けて収納してみる
【2】着ない服は捨てるのではなく寄付して世の中の役に立たせる
【3】着ない服を活用できる工夫をする

【1】着ない服と着る服を分けて収納してみる

「もしかしたら着るかもしれないのでもったいない」という理由で捨てられない服がある場合の整理のポイントはと仕分けをすることです。
服を季節別、種類別、用途別や色別、柄別など分けてみると同じような用途の同じような色やデザインの服を複数持っていても、それらのすべてを着ていない事に気がつきます。
例えば、オフホワイトの半袖のカットソーで用途は通勤着として持っている場合、4枚持っていて、そのうちの1枚はあまり着ていなかったりします。着ていない理由は「体型が悪く見える」とか「好みのデザインと違う」というようなことでしょう。



このような場合は無理に着ていないものをクローゼットに詰め込まないで、着ていないもの、似合わないもの、好きでないもの保管場所を変えてみて下さい。着ていない服で他に代用できる服がある場合は処分対象として別の保管場所に収納してみましょう。
また、新しい服を購入した時は同じ用途の服で似合わないものや好きでないものも処分対象として保管場所を分けてみましょう。
その保管場所で2シーズンその服を着なければ本当に不必要である事がわかりますから、処分しやすくなるでしょう。

保管場所を分けるのが難しい場合は着ない服にはハンガーにシールなどで「着ない」という目印をつけておくだけでも整理の一歩になりますのであなたのクローゼット環境の中で着るものと着ないものの分類の工夫をしてみて下さい。

上記のように着たくない服と着たいふ服に分けて収納すると好きな服が出しやすく、把握もしやすくなってファッションコーディネートも楽になり、好きな服だけで快適におしゃれが楽しめるようになります。

また、着ない服の保管場所を分ける時は衣類の劣化やカビを防止するために、保管場所は高温多湿な場所をさけるようにして下さい。自宅に適当な保管場所がない場合は空調設備の整ったトランクルームを利用するのも良いでしょう。

洋服の使用目的はその人の容姿を演出することでもあります。
あなたの容姿を良くない状態に演出する服を無理に着るのはとても「もったいない」ことです。可能な限り似合う服と好きな服だけを着て過ごしてみて下さい。

ページトップへ