収納情報

「服を買いすぎてクローゼットが片付かない」という方のための整理方法 その1

新しい季節が来る度に新しい服を買うという方、その理由を考えたことはありますか?
クローゼットに入る許容量以上に服を多く買い過ぎて服がクローゼットに入らないという悩みをよく聞きます。
買い過ぎの理由は、買い物が趣味、ストレス発散、衝動買い、何となく服が足りない気がする時など様々でしょう。自分がなぜ買いすぎているのか考えておくとクローゼットの収納も失敗が減らせます。

クローゼットに服がスッキリ収まらない場合、収納家具や収納グッズを買い足し、収納方法を工夫しようと考えがちです。
しかし、買いすぎてしまう場合は収納方法よりも整理方法に工夫が必要です。

買い過ぎでクローゼットが片付かない場合の解決策になる整理方法ご紹介します。
【1】グループ分けする(色や形で分ける)
【2】随時処分する(売る、譲る)
【3】買い方を工夫する(買い物のルールを決める)
【4】収納方法を工夫する(ハンガーの選び方、引き出しの使い方)

【1】グループ分けする(色や形で分ける)

「グループ分けする」とは、クローゼットの服を色や形で分けることです。衣類をトップスとボトムスとワンピース、スーツなどに分けた後に更に種類別に分けます。トップスならジャケットとインナー(ブラウスやカットソー)に、インナーなら長袖、半袖などにも分けられます。そして更にそれらを色別や用途別に分けてみてください。


手持ちの服全てを詳細に分けると同じ色、同じ用途の服が複数ある事に気づくでしょう。
自分のライフスタイルを考慮してどんな用途のどんな色の服が必要か、また自分がよく買うタイプの服はどのような傾向があるかを把握しましょう。すると、買う必要のないアイテムと買い足すべきアイテムが考えやすくなり無駄のない買い物につながります。

ページトップへ