トランクルーム選びのコツ

できるだけ費用を抑えるにはどうしたらいい?

トランクルームを検討するなら、無駄に費用をかけたくないですよね。
実は費用を抑えるポイントがいくつかあります。ご紹介しましょう!


荷物量に適した無駄のない収納サイズ

トランクルームのサイズラインナップに大きく関係します。もしサイズの種類が豊富なら必要な分のスペースを選ぶことで、不要な費用をかけなくてすみますよね。


収納棚などレンタル品での工夫

トランクルームの広さを有効利用して、無駄のないサイズを選ぶ為にはうまく収納することがポイントになります。会社によっては部屋に棚が常設されているところもありますし、棚をレンタルできる会社もあります。トランクルームの収納のポイントは高さを有効利用することと、出し入れを考慮すること。
また、縦に積み重ねると空間の有効利用が可能です。重い荷物がある場合や、出し入れを頻繁にするものが多いのであれば棚が有効でしょう。今後も使うのなら購入するのもいいでしょうし、トランクルームを解約したときには使う場所がない、というときにはレンタルサービスが便利です。
知っておきたい収納のコツについてはこちらをご覧ください。「収納情報」へ

店舗によって利料金が違う

もし、利用したいエリアが限定的ではない場合は、複数店舗の料金を比較してみましょう。
賃貸と同じように、トランクルームがある場所によって同じサイズでも料金が異なる場合があります。
少し遠くても、利用に問題ない範囲で安い店舗に決めるというのも手かもしれません。
もし、出し入れがほとんどないものを預ける場合は、「とにかく遠くてもいいので安い場所を教えてください」という方もいるようです。


荷物量に合わせて移動が可能か

当初の荷物量よりも、整理をしたら減ったということはよくあります。トランクルームは、スペースサイズによって料金が異なりますので、移動ができれば毎月の利用料を抑えることができますよね。移動ができるのかを確認し、可能な場合は、手続き方法、料金の計算はどうなるのかも合わせて確認しましょう。あと肝心の希望サイズに空きがあるかどうかも、早めに確認しておきたいですね。


解約のルール(一ヶ月単位なのか・日割り可能か)

解約は会社によっては日割り計算をしてくれる会社と、一ヶ月単位での解約受付の会社があります。もし、一ヶ月単位での契約しかできない場合は月末に荷物を出すような予定にすると、もちろん無駄な費用はかかりません。ご自身の予定と合わせて無駄のないように利用してください。

その他の記事

[トランクルームを借りるにはいくらかかるの?]

ページトップへ