トランクルーム選びのコツ

カビに注意!空調システムのしくみをチェック

カビの発生を防ぐには、換気だけではなく温度・湿度管理をする空調システムが必要ですが、まずカビの正体を知っておこう。カビは微生物の中の「真菌」と呼ばれているものです。空気中に常に存在しているのですが、これが物質に付着し適当な水分や温度の条件が揃うと菌糸を伸ばして生育し始めます。目に見えるいわゆるカビと呼ばれるものは、出芽した胞子なのです。では、真菌がカビに変化するために必要な条件な何でしょう?

1.10~35℃前後の温度環境
2.埃、チリ、垢などの栄養素
3.空気中の水分(湿度)

特に、温度20~30℃・湿度60~80%が最もカビの生育に適した条件と言われています。
また、気温差で生じる結露も大きな原因の一つです。結露は、大量の水蒸気を含んだ暖かい空気が、冷たい壁面やガラス面に触れて急激に冷やされると、気体を含みきれなくなった水蒸気が水滴に変わる現象です。よって、冬だけではなく、暑い夏の場合も室内を冷やしすぎると結露が生じてしまいます。

カビの大敵「結露」を防ぐためには、夏の場合多少室内が暑く感じてもその方が保管物にとっては良い環境といえます。ただし、これはきちんと24時間365日湿度管理もされていることが前提です。時には、空気を循環させているだけで空調完備をうたっていることもあります。もちろん換気システムだけでも何も設備がない所よりは効力を持ちますが、きちんとその仕組みを理解してから大切なモノを収納しましょう。

  • ポイント1:空調完備とうたっていても除湿機能もあるのか要確認。換気システムだけの場合もあり。
  • ポイント2:湿度は60%未満で一定しているか。
  • ポイント3:湿度が影響する大切なモノについては、事前にきちんと施設の設定をチェックしましょう。

ページトップへ