プレスリリース
プレスリリース

2020年 東京オリンピック開催時には700億円市場へと拡大。世界が注目する、トランクルーム市場最新レポートを初公開!

リリース配信日:2016年4月14日

トランクルーム・キュラーズ トランクルーム・キュラーズを所有・運営する株式会社キュラーズ(本社:東京都品川区大崎、資本金4億5千万円)は、2016年4月14日トランクルーム市場(屋内・屋外含む)に関する市場規模と成長予測に関する最新の調査結果を公開致しました。

キュラーズが毎年実施する”トランクルーム産業市場動向調査”による最新の試算では、トランクルーム市場(屋内・屋外含む)は全国で7,300店舗とファミリーレストランの店舗数(約9,000店舗※1)に匹敵する規模へと増加し、延べ室数は340,000室を超え、468億円の市場規模へと拡大しました。
底堅い需要に支えられ、市場は依然として力強く、飛躍的な成長を続けています。今後も同等の市場拡大が続くと仮定した場合、東京オリンピックが開催される2020年には700億円を超える規模へと成長する可能性を秘めています。

近年、都心への人口流入の加速、不動産価格の上昇に伴い、都心部における居住スペースの狭小化が進むと共に、マンション居住者を中心としたトランクルームに対するニーズは増加の一途を辿っています。
都心を中心とした利用者の増加を背景に、トランクルーム業界に関するマーケット情報や、最新サービス、利用傾向などが新聞やテレビを初め各種メディアにて取り上げられる機会が増加したことで、トランクルーム市場の認知が急速に浸透しつつあります。

市場認知の向上とともに、その潜在成長力の高さから、不動産投資における新たな投資領域として国内外の投資家から大きな注目を集める存在として、日本のトランクルーム市場動向に世界的な関心が寄せられています。

日本国内の屋内型トランクルーム市場におけるマーケットシェアは2008年以来一貫して、トップ3社(キュラーズ24%、ライゼボックス15%、ハローストレージ12%)によってマーケット全体の50%以上のシェアが占められています。また、ユニット(室)普及率は0.3%となっており、350世帯に1世帯が利用しているという結果となりました。

一方、セルフストレージ先進国であるアメリカでは、セルフストレージ産業は1970年代に誕生し、以降、継続的に年平均10%の伸び率で成長を続け、10世帯に1世帯がセルフストレージを利用するまでに拡大いたしました。アメリカでは、1984年:7,000施設から2009年:50,000施設※2と、25年間で施設数が7倍以上という驚異的な伸びを示しました。
※1出典:日本フードサービス協会 外食産業市場動向調査
※2出典:Self-Storage Almanac 2012

日本におけるユニット(室)普及率は0.3%と、先進国の中では依然として低い水準にあり、その潜在成長力に投資家からは大きな期待が寄せられています。

2015年5月に日本で初めて開催された、トランクルーム事業に特化したシンポジウム「アジアセルフストレージエキスポ2015」にて、日本のトランクルーム市場の高い潜在成長力は国内外に広く知られる事となり、以来、日本のトランクルーム市場は海外からも高い注目を集める魅力的な投資アセットとして、新たな成長局面を迎えつつあります。

  • 日本のトランクルーム市場は、東京オリンピックが開催される2020年には700億円規模への市場拡大の可能性を秘めている。
  • トランクルームの市場規模は、約470億円へと成長。
  • 屋内型トランクルーム市場はトップ3社によってマーケット全体の約50%を占める。
  • 日本における屋内型トランクルームサービス普及率は0.3%(350世帯に1世帯が利用)と先進国の中では依然として低い水準。
  • セルフストレージ先進国のアメリカでは10世帯に1世帯がセルフストレージを利用している。
  • 新聞・テレビなどのメディアにて取り上げられる機会が増加したことで、トランクルーム市場の認知が急速に浸透しつつある。

 
トランクルーム(屋内・屋外含む)市場規模
トランクルーム市場 成長予測

【調査概要】 調査期間:2015年9月~2015年12月  調査地域:全国  調査対象:ランクルーム(屋内・屋外)サービスを運営する主要事業者
※調査データはプレスリリース発表日現在の情報となります。

 
キュラーズに関して
キュラーズは、国内50店舗にて全国展開する日本最大級のトランクルームです。自宅の押し入れやクローゼット代わりとして多くのお客様にご利用いただいております。
ビル1棟を丸ごとトランクルームとして運用することで、収納のためだけに考え尽くされた最適な保管環境を実現いたしました。トランクルームとしては業界初となるBEMS(Building and Energy Management System)を全店舗に採用し、24時間、年間365日を通じて温度・湿度を最適な環境に制御することを可能としました。
また、お客様の施設への入退出と、照明やエレベーター機能を連動して制御出来る仕組みを構築することで、お客様は24時間常に一定のクオリティの高いセキュリティや空調環境を利用することが可能です。
これらのキュラーズの取り組みが認められ、オリコン社による顧客満足度調査ではトランクルーム部門において7年連続総合1位を受賞いたしました。
2013年9月、米不動産投資会社「エバーグリーン・リアルエステート・パートナーズ・エルエルシー」による買収により、更なるサービス強化・出店拡大へ向けて取り組んでおります。

株式会社キュラーズ

 
名称株式会社キュラーズ本社所在地〒150-0012東京都品川区大崎3丁目5番2号
代表者スティーブ・スポーン連絡先Tel: 03-4563-1500 Fax: 03-6867-0233
創業2001年 8月2日ホームページhttp://www.quraz.com/
資本金4億5000万円エリア・店舗札幌   新潟   東京   神奈川   名古屋   大阪
広島   北九州   福岡
従業員数165名(2016年1月現在)