トランクルームマーケット情報

アジア初のセルフストレージExpo 2013開催!


セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

2013年3月20から21日まで、第1回セルフストレージ・エキスポ・アジアがザ・ランガム香港で開催されました。このアジア初のセルフストレージカンファレンス&トレードショーには140名近くの参加者が集まり、その誰もが素晴らしいと実感するイベントとなりました。参加者が一堂に会しての集合写真は、このイベントの意義を物語るべく撮影されたものです。アジアのセルフストレージについて学ぶため、アジア諸国のみならず、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカからも参加がありました。2日間にわたるカンファレンスの中で、セルフストレージ業界をよく知るベテラン10名がその専門知識を披露しました。

トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

アジアでのセルフストレージ・エキスポ開催は、Steel Storage会長であるJon Perrinsのアイディアでした。Steel Storage は第1回英国セルフストレージカンファレンスの企画に協力しましたが、そこで得た経験と知識によって、Jonは理想的なアジアカンファレンスを最適な時期に開催することができたのです。「このようなカンファレンス開催にあたっての必要条件のひとつは、市場の成熟度がある程度のレベルに達しているということ」とJonは言います。「アジア初のセルフストレージ施設は2002年に開業しましたので、この産業が成長してゆく様を最初から見てきました。だからこそ、この産業がこの地域で確固たる地位を築いていると言うことができるのです」。Steel Storageはセルフストレージ業界の大手ソリューションプロバイダーとして、2003年から自社の製品とサービスをアジアセルフストレージ市場に提供し続けています。

トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

スポンサーとスピーカー

Centreforce ITのディレクターを務め、オーストラリアとアジアにおけるSiteLinkのサプライヤーでもあるDallas Doggerの支援により、このイベントの最初のスポンサーはすぐに決まりました。Steel Storage、PTI Security Systems、SiteLinkです。ほかにもChateau Products、Cushman & Wakefield、SkilCheck Services、Colliers Internationalがスポンサーとしてこのイベントの成功に貢献してくれました。

これらスポンサーのうち5社が講演を行い、様々な興味深いテーマを取り上げてくれました。ほかにも5名のスピーカーが、セルフストレージの歴史、日本とシンガポールにおけるセルフストレージの展望、収益最大化、オンラインマーケティングといったテーマについて発表しました。またゲストスピーカーとしてカンタス航空のベテランパイロットであるDavid Evansを迎えました。彼が話してくれたのは、チェック&トレーニングキャプテンとしてのキャリアで最大の問題に直面したときのことです。それはエアバス社のA380に乗務していた際、機体がシンガポール上空で故障するという出来事でした。そこから機体を無事着陸させるまでのチームワークやリスク管理プロセスについて説明してくれたのですが、それは私たちの日々のビジネスにも活かすことができるものです。また専門家とのパネルディスカッションが開催され、参加者はセルフストレージの運営について質問することができ、アジアの大手オペレーターから多くを学ぶ機会となりました。

トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

トレードショー

トレードショーはエキスポ1日目の朝から2日目の午後4時半まで開催されました。Steel Storage、PTI Security Systems、SiteLink、Reason Global、O'Neil Software、Full Occupancyがトレードショーに参加し、 セルフストレージ向けの製品やサービスの紹介を行いました。

トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

開催地

アジアのセルフストレージ大手企業と関係者を招くため、このイベントの開催地として選ばれたのがこの地域の中心に位置する香港です。2010年以降、セルフストレージが急速に増えつつある中国からの参加者をもっと引きつけたいという意味では、中国に近いことも重要でした。5つ星ホテルのザ・ランガム香港は、このイベントにうってつけの会場となりました。ホテルから徒歩圏内にたくさんのお店やレストランがあり、カンファレンス参加者は十二分に楽しむことができたでしょう。

エンターテイメント

どんなセルフストレージカンファレンスにも何らかのエンターテイメントは欠かせません。この点でも、セルフストレージ・エキスポ・アジアは期待を裏切りませんでした。カンファレンス両日とも、ランチはアジア料理か西洋料理かを選べる豪華なブッフェが用意され、ランチの後には参加型セッションがサプライズで企画されていました。達人WilliamとPandoraによる太極拳セッションです。会議から少し離れて、肩の力を抜こうということで、参加者全員が参加しました。
1日目の最後には、カンファレンス参加者全員が九龍公衆桟橋から船に乗り、ビクトリア湾でディナー前のサンセットクルーズを楽しみました。香港の見事なスカイラインを眺めながら飲んで語り合い、参加者同士が交流する絶好の機会となりました。

トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013


トランクルーム・キュラーズ セルフストレージ ・エキスポ・アジア 2013

参加者のコメント

“アジアのセルフストレージ市場に対する理解が大いに深まった。” Melvin Chay, Colliers International, Singapore

“中小のセルフストレージ運営者にとっても、非常にためになるイベントだった。アジアでの開催は素晴らしい機会だ。” Mark Jemmett, Morisset Self Storage, Australia

“この新興市場におけるチャンスを存分に示してくれたイベントだった。成熟市場でストレージを成功させてきた人々が、新興市場への投資のパイオニアとして経験してきたことを聞くのはとても興味深かったし、現地投資家にとってはこの部門への参入の励みになるものだった。またアジアでのストレージビジネスの資金調達、評価、マーケティングの様々な方法についても、他の地域との比較で示され大変参考になった。こういった知識はアジア市場への投資を検討している者には不可欠であり、 当社のクライアントの基準作りを手伝う際にも助けになる。次回を心待ちにしている!! Lindsey Hemingway, Rooks Rider Solicitors, United Kingdom

アジアセルフストレージ連盟

Jon Perrinsが話した重要なテーマのひとつが、アジアにおける業界団体としてのアジアセルフストレージ連盟の設立です。

セルフストレージ・エキスポ・アジア2014

現在計画中です。

ページトップへ