トランクルームマーケット情報

不動産ファンドフォーラム2012

総合ユニコム株式会社、月刊プロパティマネジメント主催の「不動産ファンドフォーラム2012」が2012年10月25日、ハイアットリージェンシー東京(東京・西新宿)にて開催されました。

1.長引く株安の中、投資商品の見直しが進む今、株式・債券の有力代替資産としての不動産の確立ノウハウ
2.J-REITの不動産取得活発化や政府の「日本再生戦略」による2020年J-REIT資産規模倍増計画による一兆円規模/年の物件取得の必然性
3.「シニア住宅」「物流不動産」「セルフストレージ」など、今注目を集める投資アセットの魅力や投資対象の拡大。

をテーマに、数百名を超える来場者が集まり、活気に溢れたフォーラムとなりました。

トランクルーム・キュラーズ 「不動産ファンドフォーラム2012」

不動産ファンドフォーラム2012 プログラム

1.年金基金が不動産に投資する理由、しない理由 (AIJ問題後の年金運用)
2.J-REIT外部成長の契機 (国が求める毎年1兆円の規模拡大のためにすべきこと)
3.年金資金が期待する不動産投資商品の条件とは。
・・・etc
パネルディスカッションの他、成長を続ける日本の物流不動産市場や、多様化する事業化モデルとその投資機会に関してなど様々な単独講演も行われました。
株式会社キュラーズからは代表取締役スティーブ・スポーンがトランクルームキュラーズの運営経験をもとに日米のセルフストレージ事業の将来性や投資の魅力に関して一時間にわたって講演を行いました。

★「月刊プロパティマネジメント」とは
オフィスビル、賃貸マンション、ショッピングセンター、ホテル等の収益不動産におけるキャッシュフローの最大化がキーコンセプト。事業の継続的経営ノウハウの構築と運営管理技術の向上、さらに不動産流動化を踏まえた戦略構築に関する専門性の高いマネジメント情報を提供する月刊誌。

ページトップへ