トランクルーム選びのコツ

料金体系は?初期費用・月額利用料はいくら?

とっても気になる料金について、トランクルームの利用ではどのくらいかかるのかをご紹介します。
月額料金が格安のところを選んだとしても、手数料など初期費用として思っていたよりもかかってしまうこともあります。会社によっては、必要な料金・表示価格の方法やその呼び名が異なることも・・・事前に知識を得てしっかりと準備しておきましょう!

トランクルーム利用にかかる費用は、月額利用料金+αが必要となります。
さて、毎月のお部屋の料金以外には何が必要なのでしょうか。

それは大きく3つにわけられます。
[1]一時的にかかるもの
[2]毎月かかるもの
[3]その他
☆初期費用について
初期費用という言葉をよく耳にするかと思いますが、これはほとんどの場合、契約手続き時に必要な料金の総称をさすことが多いです。初期費用に何が含まれるのかをしっかりと把握しておきましょう!

[1]1回だけかかるもの

一度だけかかる料金をさらにグループ分けすると、払うタイミングで
A:契約時に必要なもの B:解約時に必要なもの C:その他 があります。

A:契約手続き時に必要になるもの

  • 契約に必要な料金 【例】月額利用料金・保証金・敷金・礼金
  • 契約する際の手数料 【例】登録手数料・事務手数料・仲介料
  • 鍵など 【例】部屋の鍵代・セキュリティーキー
  • その他 【例】保障委託料(賃料保障会社に登録する為の加入金)・火災保険料
B:解約時に必要になるもの
  • 解約するのに必要な解約手数料
  • 鍵など 【例】鍵の交換代(シリンダーキー)
C:その他
  • 契約更新の際に必要な更新料


[2]毎月かかるもの

部屋の利用料以外に毎月必要になる料金があることがあります。
毎月の支払いにかかわるので、しっかり確認しておきたいですよね。一例を挙げてみました。
【例】

  • 施設管理費
  • 口座引落手数料(月々の支払いが口座引落の場合)


[3]その他

  • トランクルームの出し入れに必要な費用(自由に出し入れできない倉庫)
  • 支払いが遅れたときの遅延金・督促料・延滞金・手数料

その他の記事

[トランクルームを借りるにはいくらかかるの?]

ページトップへ