プレスリリース
プレスリリース

トランクルームの「キュラーズ」、NPO団体と連携したシニアサポートを開始!
異世代ホームシェア「ひとつ屋根の下プロジェクト」のバックアップとして9月16日(金)から“想い出トランクルーム”の無料貸し出しキャンペーンを実施

ボランティアがシニアの自宅に訪問し、お部屋の片付けをお手伝い ~ 捨てられない想い出は、キュラーズの想い出トランクルームで無料保管 ~

リリース配信日:2016年9月16日

日本最大級となる全国52店舗、約31,000室のトランクルームを展開する株式会社キュラーズ(所在地:東京都品川区大崎3-5-2、代表取締役:スティーブ・スポーン、以下キュラーズ)は、2016年9月16日(金)より、地域に密着した活動を行うNPO法人 街ing本郷(所在地:東京都文京区本郷4-36-5、代表理事:長谷川大、以下街ing本郷)と連携し、シニアを対象としたサポートを開始することをお知らせします。

注目ポイント
1.「ひとつ屋根の下プロジェクト」の一環として、シニア宅の片付けを行う取り組みを、9月末~10月にかけて実施予定
2. 連携の第一弾では、キュラーズの無料貸出し「想い出トランクルーム」で “保管スペース問題”の解決をサポート


ひとつ屋根の下プロジェクト

連携の内容
「ひとつ屋根の下プロジェクト」の一環である、ボランティアがシニア宅の片付けを手伝う取り組みを、9月末~10月にかけて実施予定

連携の第一弾として、街ing本郷が2014年より進める「ひとつ屋根の下プロジェクト」の一環として行っている「東京都文京区在住のシニアの自宅を、街ing本郷のコーディネーターのもとでボランティアが片付けお手伝いする」取り組みを、敬老の日である9月19日(月)に実施することを予定※1しております。
※1 シニアとボランティアの都合により変更となる場合もございます。

キュラーズの無料貸出し「想い出トランクルーム」で “保管スペース問題”の解決をサポート
上記にともない、「片付け」の課題解決のなかで生まれる二次課題“保管スペース問題”を解決するキャンペーン※2を、9月16日(金)より開始します。
「片付け」において仕分けされたモノの中で、捨てずに保管しておきたいモノがあれば、キュラーズが提供する「想い出BOX」に梱包し、最寄りのキュラーズ対象店舗までお持ちいただき、荷物の無料保管をいたします。キュラーズは、共生の一歩手前の、片付けの領域で生まれる課題を解決することで、シニアと異世代が共生できる環境をサポートします。
※2 街ing本郷との連携においては、対象エリア・店舗が限定されたキャンペーンとなります。

キャンペーンについて
内 容:①初期費用無料(日割り利用料+翌月1ヶ月分の利用料+セキュリティカード発行料 ※通常2,480円)   ②翌々月1ヶ月分の利用料無料
対象者:①「片付けお手伝い」企画に参加される、60歳以上の方   ②企画を実施する団体・組織:NPO法人 街ing本郷の会員で60歳以上の方
期 間:2016年12月末申込まで適用
街ing本郷との連携におけるキャンペーン対象店舗(文京区の下記3店舗のいずれかとなります)
  キュラーズ白山店(東京都文京区白山1-7-6)   キュラーズ本駒込店(東京都文京区本駒込1-1-17)   キュラーズ新大塚店(東京都文京区大塚4-48-7)

連携の背景

現在日本の社会問題となっている高齢化社会。日本総人口は、平成27年10月1日現在、1億2,711万人となり、65歳以上の高齢者人口は、3,392万人と高齢化率は26.7%となっています。また、東京都の高齢人口は約300万人(前年比7万人増)と増加率が高くなっています。※1こうした高齢化社会が進むことで、独居老人※2・老々介護※3といった諸問題も発生しています。
こうした諸問題に対処するために、東京都文京区を中心に活動する街ing本郷では、高齢者宅の空き部屋の片付けを行ない、そこに学生を住まわせる「ひとつ屋根の下プロジェクト」を行なってきました。しかし、空き部屋を解放する上で、モノを整理、または処分する必要があります。その際に、“身近に置いておく必要はないが、捨てたくない” 物や想い出の品の “保管スペース問題”から、なかなか空き部屋の確保が進まないといった課題がありました。キュラーズは、街を盛り上げるための一つの方法として「シニアと学生の共生」を目指す街ing本郷の想いに共感し、共生にあたり生まれる“保管スペース問題”の解決に向け、近辺のトランクルームの無料貸出しといった連携を開始することを決めました。

※1 平成28年版高齢社会白書より
※2 65歳以上の一人暮らし高齢者の増加は男女ともに顕著であり、平成17(2005)年には男性約105万人、女性約281万人、高齢者人口に占める割合は男性9.3%、女性9.7%であったが、平成22(2010)年には男性約139万人、女性約341万人、高齢者人口に占める割合は男性11.1%、女性20.3%となっている。(平成28年版高齢社会白書)
※3 介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、介護する人も65歳以上である「老老介護」の世帯の割合は、平成27年の調査で53.5%となり、平成22年の調査の49.2%から、4.3ポイント上昇した。(平成27年 国民生活基礎調査)


「ひとつ屋根の下プロジェクト」について
ひとつ屋根の下プロジェクト

ひとつ屋根の下プロジェクトは、シニアと若者がともに暮らす「共生」を目指すプロジェクトです。本プロジェクトは、大学生・大学院生が、文京区のシニアの住む家の空き部屋を借りてともに生活します。
学生とシニアは、週に何度か一緒に夕食をとるなど団らんの機会を持ちます。異世代がともに暮らすことで、学生とシニアそれぞれが地域と結び付くきっかけとなり、街ぐるみでの見守りや生きがいを生み出す、新しい共助の関係を目指します。シニア側のメリットとしては、孤立感の解消や生きがいづくり、夜間の不安の解消、健康寿命の増進などが挙げられます。学生側のメリットとしては、寂しさや孤立感の解消、シニアのみなさんからの知恵や経験の移転、大学の近くで格安で住めることなどが挙げられます。
こうした事例は、フランスを中心としたヨーロッパなどでは先進的に取り組まれています。


ひとつ屋根の下プロジェクト

ご取材対象者
ひとつ屋根の下プロジェクト
株式会社キュラーズ
マーケティング部 広報
池田 大和 氏
ひとつ屋根の下プロジェクト
NPO法人街ing本郷 代表理事
長谷川 大 氏
鮮魚店経営(魚よし 三代目)


キュラーズについて
キュラーズは、全国52店舗、約31,000室の全国展開する日本最大級のトランクルームです。自宅の押し入れやクローゼット代わりとして多くのお客様にご利用いただいております。ビル1棟を丸ごとトランクルームとして運用することで、収納のためだけに考え尽くされた最適な保管環境を実現いたしました。オリコン社による日本顧客満足度調査ではトランクルーム部門において、7年連続総合1位を受賞いたしました。また、2013年9月、米不動産投資会社「エバーグリーン・リアルエステート・パートナーズ・エルエルシー」による買収により、更なるサービス強化・出店拡大へ向けて取り組んでおります。

株式会社キュラーズ

 
名称株式会社キュラーズ本社所在地〒150-0012東京都品川区大崎3丁目5番2号
代表者スティーブ・スポーン連絡先Tel: 03-6830-8600 Fax: 03-6867-0233
創業2001年8月2日ホームページhttp://www.quraz.com/
資本金4億5000万円エリア・店舗札幌   新潟   東京   神奈川   名古屋   大阪
広島   北九州   福岡
従業員数165名(2016年1月現在)

NPO法人 街ing本郷について
ひとつ屋根の下プロジェクト NPO法人 街ing本郷は、本郷地区の「元気ある街づくり」を自らの手で行う、新たな枠組みが必要であるという考えから設立されました。地域住民ー学校ー商店街や自治体、企業をつなぐ、参加型の地域コミュニティネットワーク組織として、商店街の活性化、街づくり及び地域経済の発展に寄与することを目的として活動しています。

団体名 :NPO法人街ing本郷
設立  :平成22年12月
代表理事:長谷川大
所在地 :〒113-0033 東京都文京区本郷4-36-5

本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ
株式会社キュラーズ 広報代理 アウル株式会社 市川(いちかわ)・佐藤(さとう)
〒107-0052 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂森ビル5F
TEL:03-5545-3888/FAX:03-5545-3887/E-mail:quraz-ml@aur.co.jp